権威とリーダーシップの違い:その2

親愛なる皆様
おはようございます。

嬉しいことがあった。
私は、「物流応援団長モーニングメール」と題して、コラムを週2~3本(月10本)くらいのペースで、
受講生のグループメールやSNSに、こうやって長年配信している。

目的は、受講生を中心に読んで頂くご縁ある方々の仕事や生活の糧、活力に繋がり少しでもお役に立てればという想いと、
何よりも自分自身の勉強の為というのが一番の目的であります。

アウトプットするためには、インプットが必要で、継続する為には勉強せざるを得ません。
不勉強の自分への勉強強制ギブスのようなものです(笑)そして、更に勉強になって嬉しいことがある。

それは、読んでくれた人からの反応です。SNSなどで「いいね」を押してくれる反応も嬉しいのですが、
コメントを下さる人、そして、時として(けっこう稀)ですが、気合いの入った反応を下さる人、
それも、その内容が、指摘や反駁といった場合は、こちらも一気に気合いが入ります。

一昨日、<権威とリーダーシップの違い:その1>を書いて配信した、
その日に、その気合いの入ったメールが久しぶりに届いた。
それもヤマネットの受講生の方からの意見反駁なので、相当気合いが感じられた。

でも、それは本気でキチッと読んで下さっている証、嬉しかったし、その内容もとても勉強になりました。
反応して下さったのは、福岡のWさんで、ヤマネット研修の受講生。
私も早速その反応に“反応”して返信メールをした。
頂いた内容は省略しますが、以下は私が返信したメール内容の一部です。

********************
Wさん、久し振りです。
意義あるメール、有り難う!全然失礼じゃないです!嬉しいです!
何よりも、受講生からこうして本気で反応してきてくれること自体が堪らなく嬉しいです。
出来そうで、なかなか出来ることではありません。
私にとっては、ハッと気づかされることもあるし、大変勉強になるのです。だから嬉しいし、貴重です。
Wさんからメールをもらって、今朝送ったモーニングメールを改めて読み返しました。

まずは、ロナルド・ハイフェッツを「ドナルド」と書いていたね^^; ドナルドって・・・ ダックか!
 (恥ずかしいです)ハイフェッツ先生の講演録を、どうでしょう、30回ほど視聴しましたが、
その程度で、分かったような気になって、図に乗っている自分に気付かされました。
Wさんのメールのお陰です。
この歳になって、社長とか講師という仕事をしているわりには、
比較的素直でに御指摘や苦言を受容することが出来る性格なので、そこは幸いしています。

指摘や苦言を“権威”で振り払おうとはしません(笑)ただ、どちらにしても、Wさんのメールから気づかされたこと、
考えさせられたことは沢山ありますが、その中でも以下の三つ。
・伝えることの難しさ
・言葉の持つ意味
・故にアウトプット(発信)することの大事さです。

思い込んでいること、信じ切っていること、知っている分かっているつもりになっていることも、
アウトプットしてみて、周りや誰かが反応してくれて、
その反応によって、認識が変わること、誤りに気付くことがあり、軌道修正ができ、新たな道が拓け、
新たな景色が観えてきます。これを可能性というのでしょうか。

アウトプット(発信、行動)しない限り、未来の可能性はあり得ないということでしょう。
Wさんのメールから「よーし!もっと勉強するぞう!」という更なる意欲が湧いてきました。
*********************

権威とリーダーシップについては、もっと勉強し、改めてまた続きを書きたいと思います。
今朝は、以上です。

皆さんからの反応お待ちしています^^

今日も一日良い日に致します。
物流応援団長(兼)応援され団長
山田泰壮(やすお) 拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA