時間という効薬

親愛なる皆様
おはようございます。

部下の不幸から初七日が過ぎました。
今週は出来る限り社員に声を掛け慰め励まそうと
出来る限り営業所に身を置いていました。

出来事が出来事だけに云うまでもなく皆の悲しみは深く、
思考がどうしても感傷的、自虐的、盲目的になり、ネガ
ティブなスパイラルに引きずり込まれてしまいます。
人間はそんな時に良からぬ判断をし取り返しのつかない
ミスを犯したり注意散漫になり事故を起こしたりします。

それを阻止するのが私の役目だと確信し、その為には
私自身がしっかりしなければならないと自分に云い聴かせ、
気合いを入れ気丈に振る舞い、毅然としていなければ
ならないと思いながらも、社員と話をしていると嗚咽して
しまうこともしばしばありましたが、社員と悲しみも考えも
共有することがジワジワとできてきた気がします。

私が社員達に一貫して伝えているのは、
今は哀しみを背負いながらグッと堪え目の前の仕事をプロ
として正確に安全にキチッとこなすこと、気持をしっかり
持ち、皆で力を合わせて頑張るしかない、時間という薬に
少しずつケアしてもらう以外この苦しみを癒す術はないと。

先週、事の直後と比べると冷静な思考が少しづつ
戻ってきているのが自分でも認識できます。
時間という効薬の偉大さを感じています。

この先も何が待ち構えているか分かりませんが、
毅然と気丈に誠実に一つひとつ向き合い対応して参ります。

我々は元氣と安心をお届けする物流応援団です。
団長・山田 押忍!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA