ジェネレーションギャップ

親愛なる皆様
おはようございます。

先週末は福岡にて、事故撲滅トレーナー養成講座、
物流マネージャー実践研修と二日間続き、少々
ハードではありましたが、なかなか気づき学び多き
二日間となりました。このところ特にですが、
体力的なこともさることながら、神経的にとても
疲れます。何故だろう?と考えて、思い当たりました。

年齢と共に体力や代謝が落ちているということ
も勿論ありますが、もう一つ大きな要因として、
受講生と私との年齢差、世代の違いからくるもの、
いわゆるジェネレーションギャップです。

研修事業を始めた当初(12年前)と比較すると、
受講生の年齢自体はさほど変わっていないと思い
ますが、私が歳を重ねている分、その差が開き、
今では自分の子供らよりも若い人たちの姿も目
立ちます。

研修事業は、文字通り研き修るですから、
自己研鑽と自己修養です。
受講者に研鑽修養の機会を与える主催者こそが
研鑽修養し続けなければなりません。

同じ物流業界とはいえど、
企業文化の違う様々な会社の様々なタイプの
経営者やリーダー達が一同に会するわけですから、
中には個性の強い人もいるわけで、それに加えて
先に述べた世代ギャップ。そのどんなタイプや
世代の受講生のどんな考えや意見も、時に受け容れ
難きことも単に否定することなく一旦受け容れ、
臨機応変にアドリブで対応していかなければなり
ません。

カリキュラムや講義内容も時代や環境に応じて
変化させていかなれば、マンネリ化、陳腐化して
いくわけですから、主催するものは、やはり受講
者以上に研鑽修養し続けなければなりません。

週末の二日間も様々なタイプの受講生の皆さんと
関わらせて頂き、脳ミソフル回転、たっぷり神経
遣わせて頂きました(笑)

昨日の日曜日は、孫と戯れ遊びました。
こちらのジェネレーションギャップは、
とても癒されます(笑)
久しぶりに完全休日モードの日曜日。
睡眠もたっぷりとれました。
今週からまた頑張れます。

今日も一日良い日に致します。
物流応援され団長@山田泰壮 拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA