もうひとつの三密

親愛なる皆様
おはようございます。

コロナウィルス感染予防の為に避けなければならない
「三密」ということで、密閉、密集、密接が叫ばれている。
にもかかわらず、それらの注意、警告を軽んじ、無視し、
三密の環境に身を置き、感染している愚かな人たちもいる。

実は、三密という言葉は仏教用語で元々存在し、
生命現象は全て「身体と口(言葉)と心」の三つの
はたらきによって成り立っているとされ、
密なるものとされ、「三密」と呼ばれているそうだ。

少し難しそうな話になるが、仏教には顕教と密教
の二つがあり、簡単にいうと、秘密にすることのない
明らかな教えが顕教で、容易に明らかに出来ない奥深
い教えのことを密教という。

で、顕教においては現象の全てを成り立たせている
人間の三密のはたらきは、煩悩で汚れているので、
これを「三業」と呼んでいるそうだ。
いわゆる人間の「業」(ごう)というやつだ。

そんなことを考え調べているうちに、ふと思った。
三密(密閉、密集、密接)の警告を軽んじ感染した者と
三密(身体、言葉、心)が煩悩で汚れている人間の業。

おそらく、そんな意図は全くなく、コロナ対策の為に
出来た造語「三密」が、実は何百年も前からある
仏教の教えの「三密」と、どこか繋がっているとは、
摩訶不思議。

コロナパニックの今日、
あらゆるものの見方、捉え方、考え方、思考、行動
の概念やパターンを見直す機会、正に身体と言葉と心
「三密」の教えを重んじ、改める時が来ているようです。

今日も一日良い日に致します。
物流応援団長@山田泰壮 拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA