賢者と愚者

親愛なる皆様
おはようございます。

ドイツの宰相ビスマルクの言葉、
「賢者は歴史から学び、愚者は経験から学ぶ」
は有名だが、私は若い頃この言葉に違和感を
抱いていた。経験から学ぶ者が何故愚者か?
歴史から学ぶ者は自分が当事者ではない場合
が多い、でも経験から学ぶ者は、自分が当事者
だからその経験体験から痛みや苦しみまたは喜
びなども直接味わっている。だから、歴史から
よりも経験体験から学ぶ人の方が説得力がある
ではないか!というのが私の考えで、納得でき
なかった。

しかし、若かりしとき納得できなかったその言葉が、
この歳になってつくづく腑に落ち痛く身に沁みます。

よくよく考えれば分ることでもやってしまって
案の定失敗をする、ちゃんと観れば先に落とし穴が
見えるのにまんまと落ちてしまう、なんとなくアカン
と分っていてもなんとなくカッコイイからやってしま
って案の定・・・つまり、経験しないと分らない人で
あります。一方、歴史から学ぶ人は、過去に失敗した
人を反面教師としそのマネはしない、親や先輩などか
ら謙虚に教えを乞う、人間が陥る本質的な邪念や煩悩
を理解し歴史は繰返すという法則をよく勉強している。
更には過去の自分の経験も一つの歴史として客観的に
捉え判断材料にする。

では、この歳になった自分に置き替えたらどうか?
若い頃ほどではないにせよ、未だに歴史からも経験
からも学べてないなぁと思える判断や言動を発して
しまうことがある。

まだまだ修行が足りません。

賢者は歴史から学び、愚者は経験から学ぶ。

今日も一日良い日に致します。
物流応援され団長・山田 押忍!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA