成長というより変容

親愛なる皆様
おはようございます。

先日、嬉しいことがあった。

その人は、我が社の物流センター倉庫作業の現場を
取り仕切る女性リーダー。
化粧品や家庭紙、ペットフード等の日用品を扱う現場
では、日々の物量の波動が激しく、多い時には60名
からのスタッフが、社員、パートアルバイト、派遣ス
タッフと、ひしめき合いながら黙々と作業をする中、
全体を統括し運営してくれている。

現場の忙しさもあってか、比較的いつも険しい表情で、
発する言葉も時に角があったりする。私は彼女を評価
し、リーダーとして任命しているので、信頼している。
しかし、上記の如く表情や言葉遣いが彼女の課題だと、
本人にもそう伝えている。

言葉の発し方、伝え方によっては、特に目上の者から
発せられる時や部下の立場が受ける場合は必然的に
圧がかかる。

定例で行なっている社内リーダー研修では、
“伝える”ことの大事を説き、プレゼンテーションを
通して“伝える力”をトレーニングしており、
彼女もその中のメンバーで、これで2年半になる。

先日、物流センターの終礼に立ち会った時のこと。
スタッフ皆へ向けての言葉の発し方、伝え方が、
明らかにこれまでの彼女とは違うものだった。

柔らかくゆっくりとしていた。
“伝える”ことの大事さを理解し、彼女なりに一所懸命
意識して努めているということが、見て取れた。

私は、「習慣化」の大事と、その為には「無意識の意識化」
が重要であると長年の間、リーダー達に説いてきた。
そして、目指すはその先にある「更なる無意識化」、
それをすなわち「習慣化」というと。

彼女のその姿は正に、無意識の意識化。
それは、成長というよりも、変容。
意識して変わろうとしている姿でした。

いやぁ~嬉しい。

今日も一日良い日に致します。
物流応援団長(兼)応援され団長
山田泰壮(やすお) 拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA