安全と誇り

親愛なる皆様
おはようございます。

先週末は埼玉のS社様にて勉強会にお招き頂き、講話をさせて頂きました。

10年来のお付き合いであるS社様は勢いのある会社で創業以来ずっと伸び続けている会社。
経営者、経営幹部の方々のエネルギーが半端ない。
そして、何よりも人財教育を大変熱心に継続しておられるので、昨日の勉強会に参加された(殆どがドライバ―さん)皆さんの真面目に前向きに取り組む姿に感動しました。

なので、講義もとてもし易く、あっという間に時間となりました。

「安全(事故防止)と物流マンとしての誇り」というテーマでの勉強会でしたが、事前に講義内容の組み立てをしている時も、勉強会の間も「安全と誇り」というものは、繋がっているということに改めて気づかされる機会でもありました。

自分の仕事に誇りを持てない人は、どこか疑心暗鬼で、自信が無く、責任感が薄い。疑心暗鬼で、自信がなく、おっかなびっくりな人に安全運転は期待できません。

物流マンとしてのより高い誇りを感じて頂ける要素を沢山お伝えし、事故防止の為に意識すべきこと、行動すべきことを具体的にお伝えしました。

世の中の血液である我ら物流業、血液が止まれば人間が生きていけないのと同じく、物流が止まれば世の中は成り立ちません。無くてはならない尊い誇り高き仕事。されど、一方では、一瞬にして人の命を奪ってしまうトラックという大きな凶器を操っているという責任重き仕事。

誇り高き責任重き仕事という自覚を持ち、安全運転、事故防止に努めて参りましょう!
と、締め括りました。

S社の皆様、一昨日は有意義な時間を大変有り難うございました。

翌朝の電車に乗り名古屋へ戻って参りましたが、新幹線の車中、梅雨明けの富士山がとても綺麗でした。

今日も一日良い日に致します。
物流応援団長(兼)応援され団長山田泰壮(やすお) 拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

信用と信頼