育てねば、我れ育たず:その3

親愛なる皆様
おはようございます。

人財育成は難しく、育ててもなかなか育たないが、
育てたい、育ってほしいという強い想いを持ち続け、
諦めずに一所懸命、人財育成に取り組んでいると、
誰よりも彼よりも、自分自身が成長するんだという
ことを書いてきた。

シリーズその3では、企業においての事例を挙げてみる。
中小企業では特に、経営者と幹部管理職との力量に
圧倒的な差がある場合が多い。
これは、やはり、育ってほしい、育てたいという欲求、
成長を願う想いが経営者が社員へ想うレベルと、幹部
管理職が部下に対して思うレベルとの違いからくるも
のではないか。

つまり、経営者は何としてでも育てよう、時に期待
外れで、時に裏切られるようなことがあっても諦め
ず育てようとする、それに比べて幹部管理職は育て
ようとする気持ちが弱い、否、ともすると、部下が
育ってもらっては自分の立場が侵されるので困ると
すら思っている者もいるかもしれない。いや、いる。

この理論は一見すると、偏見や育成能力の低さ
への言い訳にも聞こえるかもしれないが、ちがう、
実はこの気付きが、今後の人財育成や人事や組織創り
において、一点の光明、めちゃくちゃ役立つ理論で
あると私は確信している。

次の最終回で、その結論を書くことにする。

つづく

今日も一日良い日に致します。
物流応援され団長@山田泰壮 拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA