お陰の未来

~2021年ファイナルモーニングメール~

親愛なる皆さん
おはようございます。

2021年がまもなく終わろうとしています。
コロナが猛威をふるい始めてまもなく2年。

この2年間で起きた生活様式、社会構造の変化は、
これまで経験したことのないスピードで、
しかも世界規模のレベルで激変しました。
世界規模の中には当然、日本も物流業も我が社も
私達一人ひとりも含まれているわけです。

コロナによる企業経営、商いへの影響は業種によって
明暗が分かれましたが、飲食業や観光業などの打撃は
尋常ではなく、倒産や廃業に追い込まれた店舗や企業
も数多く出ており、失業者も過去最高となり、この流
れはこれからもまだ続くどころか加速していくでしょう。

そんな中、我が物流業は他業種と比較すると根強さを
持ってはいるものの、やはりこれも扱い業種によって
明暗が分かれているのと、コロナ対策の特別制度融資
によって窮地を逃れた企業が2024年以降厳しい状況
へ余儀なくされると予想されている中で、運輸業の
M&Aも加速、燃料の高騰、等々、やはり激変です。
そして、激変の中で誰もが当事者であるということ
を忘れてはなりません。(未だ悠長に他人事のように
能天気に嘯いている人を見かけます)

そんな中、我が社においては、一部外食系では
休車要請を強いられましたが、全社的に見れば、
ボリュームは前年を上回り業績も大方順調に推移
しており、途切れずに仕事が頂けていることは
実に有り難く、幸せなことであります。

我が社の運の強さを感じつつ(運も大事!)、
お客様に感謝、日々業務に真面目に従事して下さっ
ている社員の皆さんに感謝であります。

しかし、それだけでは盤石とはいえませんし、
運の上に胡坐を掻いているわけには参りません。
抱えている問題課題をクリアしつつ、他社との
差別化を意識し来年は新たな営業戦略で挑むこと
も決めています。

「コロナのせいでこうなってしまった」ではなく
「コロナがあったお陰でこうなれた」という未来を
築いて参ります。

今年1年、物流応援団長モーニングメールにお付き合い
くださり、有り難うございました。
また改めて御案内致しますが、年明け間もなくしましたら、
3冊目の書籍の出版も控えております。
物流応援団長として、関わる人たち皆さんが
元氣が出るように、安心して仕事や暮らしができるように、
“言語は力”と確信し、文字と言葉で伝えること、学びの場
づくりを来年も精力的に行なって参ります。

今年1年大変お世話になりました。
どうかご安全に、良いお年をお迎えください。

今日も一日良い日に致します。
物流応援団長(兼)応援され団長・山田泰壮(やすお)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA