無情

親愛なる皆様
おはようございます。

深い悲しみに包まれ、涙に暮れた先週でした。
無二の親友の息子が亡くなりました。
ここでは詳細を書くことはできませんが、
友とその家族を闇のどん底へ引きづり込むような
苦しく辛く悲しい出来事が起きてしまいました。

私に出来ることは何もなく、自分の無力を痛感
しながらも、報せを聴いたその日から三日間、
友と家族のそばにできるだけ居ました。

週末は重たい気持を引きづりながら大阪入りし、
研修を行いました。受講生の皆さんには覚られまいと、
歯を食いしばり自分を鼓舞しながらの講義でしたが、
帰りの新幹線で一人になると、また涙が溢れ出しました。

私でさえそうですから、友と家族の悲しみははかり
知れません。

この世は何と無情なのでしょう。
神様は何故こんな不条理なことをするのでしょう。
意味がわかりません。悔しいです。
友と家族の気持ちを思うと胸が詰まります。
今はただ手を合わせ、ご冥福と残された家族が力を
合わせ強く生きていくことを心から祈り、今後も
自分に出来る応援をし続けるのみです。

今週も飛び回るようなスケジュールの一週間ですが、
重たい気持ちを引きづりながら、自分を鼓舞し、
友の為にも、友の息子の分まで頑張ります。

山田泰壮 拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA