自分のために働く

~山田団長おすすめの一冊~

親愛なる皆様おはようございます。
今週のおすすめの一冊は、岩本敏男著「自分のために働く」です。

岩本さんはNTTデーターの元社長で、現在(本著出版時)は相談役、年齢は67歳。
NTTデーターといえば、世界各国に拠点を持つ、従業員数でいえば12万人の超巨大企業。

そんな会社の社長が「自分のために働く」というタイトルの本を書くというのが一見すると意外。
私や岩本さんの世代のビジネスマンは概して、会社や仕事の為に身を粉にして働く、自分や家庭を犠牲にして働くといった熱血サラリーマン、リゲイン世代(若い人には分からないか^^;)ですが、その人が「自分のために働く」であります。

ただし、本著の中に何度も繰り返し、念押しのように出てくるのが「自分のために働くと云ってもそれは、私利私欲に走ったり、我儘を押し通すということではない」というたぐいの言葉です。
というよりも、どちらかというと、その逆で、自分のために働くためには、他者としっかり繋がることを教えてくれています。

第三章と第四章では「組織と向き合う」「顧客と向き合う」というタイトルで、正に、他者としっかり向き合い、繋がることが、“自分のために働く”を成立させるために不可欠であること教えてくれています。
NTTデーターと云うと、データー通信、システム構築を行なうシステムインテグレーター、デジタルの最先端という印象ですし、その元社長さんが書かれる「自分のために働く」という考えなので、何かもっとデジタルチックで、ITやAIを活用し、自分一人で出来る仕事の教えのようなことが書かれていると思いきや、富山の薬売りの先用後利の思想や、近江商人の三方良しの精神を思わせるような、人間臭さがありました。

新しい時代を生きていく、新しい時代で仕事をしていくうえで、変えていくことと、変えてはならないことを教えてくる大変勉強になる一冊です。

https://youtu.be/q1Knf-Vv5O8
今朝は以上です。

今日も一日良い日に致します。
物流応援団長(兼)応援され団長
山田泰壮(やすお) 拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA