エコノミックアニマルVSワーカーホリック:前編

親愛なる皆様
おはようございます。

今日から映画「ゴジラVSコング」が全国一斉上映される。
映画好きの私は、例年は年間50本位鑑賞していますが、
コロナの影響と忙しさにかまけて、昨年は半分くらい、
今年もペース的には半分くらいかな、ゴジラVSコングは
観に行こっと。

さて、今朝のお題は、ゴジラとキングコングより恐ろしい?
エコノミックアニマルVSワーカーホリック(笑)
ゴジラとキングコング同様、昭和の時代が生んだ怪物?

長い歴史の資本主義社会、16~17世紀にヨーロッパから
始まったとされているから400年近く前のこと、日本に
おいては幕末に坂本龍馬が立ち上げた亀山社中が日本初の
会社組織とか云われているくらいだから、資本主義社会
として活発に経済が動き出したのは、その後明治時代を
経て、大正デモクラシーあたりからだとすると、
未だたかだか100年位の歴史ということになる、そして、
戦争の時代を経てから敗戦後の焼け野原からの復興は目覚
ましい、戦後から50年の間に世界第2位の経済大国へ
のし上がる。だから日本の資本主義経済社会が本格的に
活発化したのは戦後の復興と同時進行といってもよいと思う。
世界最速で資本主義社会を成就させた国と云ってもいいか
もしれません。

資本主義社会の構造は元々、資本家と労働者という利害
関係が相容れない対立的な立場の者同士によって成立する
社会構造だから、あまり穏やかではない、穏やかでないど
ころか、労働者が奴隷の如く酷使されるということも珍し
くなかった。利益最優先なので、労働者は道具、要らなく
なれば首を切ればいい、お客様は神様。労働者には偉そう
に威張り、顧客には揉み手スリスリ媚びを売るという構図
が根本にある。

日本は、そんな資本主義を最速で成就させた国であります。
その過程で誕生したのが、ゴジラとコング、もとい!
エコノミックアニマルとワーカーホリックであります。

書いていておもしろくなってきて、思いのほか長くなって
いるので、2回に分けて書きます。
前編として、今朝はここまで。

次回、後編へ続く。

今日も一日良い日に致します。
物流応援団長(兼)応援され団長・山田泰壮(やすお)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA