目標達成力を強化する

親愛なる皆様
おはようございます。

私が主催する物流マネージャー実践研修や自社内のリーダー研修は、
研修期間中に目標設定を行ない、その目標を達成する為に“三つの力”を磨いていくプログラムです。

その力の一つ目は、決めたことをキチッとやる力。
二つ目は、伝える力。
三つ目は聴く力。

二つ目の伝える力と三つ目の聴く力は、総じてコミュニケーション力といってもよいと思います。
コミュニケーションには、常に出し手と受け手の双方が存在するわけですから、
双方共にコミュニケーション力が高ければ、より良いコミュニケーションが成立します。
故に、伝える力と聴く力を高めていく必要があります。

さて、しかし、伝える力と聴く力さえ高ければ、より良いコミュニケーションは成立するでしょうか?
答えはNOです。人にことを上手く伝えることができ、人の話に一所懸命耳を傾け聴くことができたとしても、
仮にその人が、決めたことをやらない、言ったことをやらない、ルールや約束を守らない人だったら、
良いコミュニケーションが成立することはあり得ません。

“決めたことをキチッとやる力”を一つ目に定義しているわけはそこにあります。
「決めたことをキチッとやる力」が土台(前提)となって、
その上に「伝える力」と「聴く力」が機能するという三つを構成して“目標達成力”と呼称するようにしました。

更に、この目標達成力を強化していくうえで、「決めたことをキチッとやる力」の「決める」が、
とても重要で、「決められたことをキチッとやる力」では弱いのです。
重要なことは「自らの意思で明確に決める」ということ。

例えば親や上司など他人に決められたことは、上手くいかなかった時に、決めた人のせいにします。
でも、自分の意思で明確に決めたことは、時にうまくいかなくとも、次の手を考え何とかしようとする、
言い訳ができない。仮に人から云われて始めたことであっても、やり始めた以上は、きっかけはどうであれ、
自分の意思で決めたんだと、捉えること、これが出来るか出来ないかで、目標達成力の差は歴然となります。

自らの意思で明確に決めること。
目標達成力強化のキーワードです。

今日も一日良い日に致します。
物流応援団長(兼)応援され団長
山田泰壮(やすお) 拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA