経営に必要な6つの視点

~山元社長と二宮尊徳~

親愛なる皆様
おはようございます。

一昨日は、オンライン物流交流会にて、ゲストスピーカーに福岡の西福運送社長の山元健蔵さんに登場頂いた。
講話内容の充実度とクオリティ抜群でメチャメチャ為になる話しで、メチャメチャ面白かったです。
ご参加できなかった方は、実に残念!でも、必ずまた山元社長にはゲストスピーカーとしてアンコールしたいと思いますし、リアル会場での講師もお願いすることになると思いますので、その時は皆さん必ずご参加下さい。

今朝タイトル<経営に必要な6つの視点>が山元社長の講話のタイトルだったのですが、何だか、少しお堅いビジネス本のタイトルのようですが、そこは山元社長の人柄で、優しい語り口調で、ソフトジョークも少々交えながら、柔らかく分かり易く話して頂き、あっという間の60分でした。

6つの視点は以下の通り、
① 経営戦略
② マーケティング
③ アカウンティング
④ ファイナンス
⑤ 人・組織
⑥ オペレーション

これだけを羅列しても分かりづらいですね。
山元社長は、それを博多弁で云うと、要するに、
① 何すると?
② 誰に?
③ 儲かると?
④ 金あると?
⑤ 誰がすると?
⑥ どげんして?
(笑えるでしょ?^^)

この6つの問いを限りなく明確にしていくこと。
と、資料を使い、企業事例を用い、分かり易いメタファーを用いながらのプレゼンテーションの展開は実に見事でした。本当によく学んでおられ、そして、学びっぱなしではなく、学んだことを後に整理し、独自の視点で分析、研究し、自分のも自社のものにしていく努力には感服です。

最後のまとめで、「人、生まれて学ばざれば、生まれざると同じである」と、二宮尊徳のことばを引用されました。

しっかり経営され、しっかり学ばれる山元社長が今、一瞬、二宮尊徳とシンクロしました。
山元健蔵社長、有り難うございました。皆さん、これからも共に学び、共に実践して参りましょう。

さぁーて、今日から物流マネージャー実践研修オンライン3期生がスタート致します。
再来週からはリアルでの出向型実践研修が3本同時にスタート。
計4本の半年プログラムが同時進行で始まります。
学びの機会満載の下半期幕開けです。

今日も一日良い日に致します。
物流応援団長(兼)応援され団長
山田泰壮(やすお) 拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA